脱毛サロンに通うなら日焼けは注意しよう

脱毛サロンで行われている光脱毛という方法は光を脱毛したい部分に照射する事で脱毛しています。

光は体毛にのみ影響を与えて肌には反応しないように考えられているのですが、日焼けしてしまうと肌にも光が反応してしまうのです。

反応すると熱が発生するのでその熱によって大やけどしてしまう可能性もあり、脱毛サロンに通う場合には日焼けはしてはならないのです。



どうして日焼けすると肌に反応してしまうのかというと、その仕組みが大きく関わっています。


光を脱毛したい部分に照射すると体毛の中に含まれているメラニンという黒い色素がそれに反応して熱を発生させています。



その熱が毛根部分にダメージを与えて弱らせる事で脱毛効果があるのです。


日焼けした場合は肌を守るためにメラニンを生成し肌が黒くなるのですが、その部分に光を照射すると体毛だけでは無く肌の部分まで熱を発生させてしまうのです。

日焼けしていない肌であっても人によっては体毛から出る熱が肌にダメージを与えて赤く腫れあがる事もありますが、肌が直接反応すればそれよりもさらにひどい事になる可能性があります。


そのような事にならないように脱毛サロンで施術する際には肌のチェックを行ったり、事前にカウンセリングで説明を行っています。普段から日に焼ける事を避けて日焼け止めクリームを用いているような人であれば心配は少ないですが、日に当たる機会が多い人が脱毛サロンで脱毛するのならば、特に夏場には日焼けしないように細心の注意を払った方が良いです。